小学生_英検_英会話

八王子さくらこども英会話で身につく5つの英語力

1.表現力

★Self-introduction (自己紹介をしっかり出来るようにしよう)

2.質問力

★Ask many questions (様々な質問が出来るようにしよう)

3.暗記力

★Memorize many words (たくさんの単語を覚えよう)

4.プレゼン力

★CLIL (※クリルを通してプレゼンテーション能力を高めていこう)
★Tell & Showing your interest (自分の気持ちをしっかり伝えよう)
★Enjoy English conversation (英会話を楽しもう)

5.語彙力

★Learn Phonics Rules (フォニックスで単語を読めるようにしよう)
★Pronounce in a loud voice (大きな声で発音しよう)

※CLIL・・・最近、CLIL(Content and Language Integrated Learning:クリル)という英語教育法でのレッスンを行っている学校が増えてきています。これは、理科や社会などの教科学習と英語の語学学習を統合したアプローチです。教科内容を題材にさまざまな言語活動を行うことで、英語の4技能を高めることができます。八王子さくらアカデミーでも積極的にCLILを取り入れてレッスンを行っています。

小学生の授業の様子


その他の動画はこちら

八王子さくらの英会話指導メソッド

八王子さくらアカデミーのレッスンは元気なあいさつから始まります。

自己表現能力の養成

自分のことや家族のことについて、しっかりと言えるようにしていきます。
日常よく使う表現をしっかり身につけていきます。
自分の力で、相手に質問ができるようにしていきます。

子どもが小さい時、家庭で自然と言葉を覚えたように、さくらアカデミーでも
「ナチュラルアプローチメソッド」を使って、自然に英語を覚えていきます。

英語学習で一番大切なのは、外国の人としっかりコミュニケーションが取れることです。
そのために日常よく使う英語表現をしっかりと学習していきます。

語彙力

語彙力をつけていきます。
英語を話すうえで、たくさんの英語を知っていることはとても大切です。
ピクチャーカードでたくさんの英単語を学習していきます。

ゲーム形式

その日のレッスンで学習した単語や英語表現を使って、楽しいゲーム
をします。子ども達にとって、英語学習は楽しいという感覚をずっと
持ち続けてもらえるようにしています。

質問

Tellの練習はプレゼンテーション能力を高めるのに、とても大切な学習方法です。
アメリカの小学校でも Show & Tell という行い方で練習をしています。
さくらアカデミーでも、しっかりと学習していきます。

アルファベットと発音の規則

日本語は表音文字なので、文字を見ればすぐに読めますが、英語はアルファベットを読めても
単語が読めません。アルファベットの音をしっかりと覚えて、フォニックスを使いながら単語や文章を
読めるようにしていきます。
英語特有の音にも気を付けて発音させていきます。

レッスン内での目標

・結果を出す=英語を話せる
グローバル社会の中で英語を駆使して人とコニュニケーション出来る。
・楽しみながらレッスンに参加
英語を使いながらロジカルに人とコミュニケーション出来る力を育成していく。

新しい英語教育法「八王子さくらメソッド – ブロック式英語学習法」

英検5級

英検4級

英検3級

八王子さくらアカデミーの英検対策は、

単語

文法

文の構成

をイメージで理解する

新しい英語教育法「八王子さくらメソッド」により、
どこよりも分かりやすい英検授業を行っております。
3つの四角にそれぞれ、主語・動詞・目的語(補語)を
書き込むだけでほとんどの英文が書ける、
「ブロック式英語学習法」を独自に開発し、
多くの生徒さんから分かりやすいと好評です。

・単語
英単語を基本語義をもとに図解し、生徒にイメージで単語を覚えてもらう。
複数意味がある単語も一つのイメージを覚えればOK.
弓削が授業に取り入れ、生徒も図を使うと興味のある目を示す。

【参考文献】
図解 英語基本語義辞典
一億人の英文法

ギリシャ語語源を用いた単語暗記法

 

国語と英語の両方の重要性

2020 年からの小学5年生からの英語科目の必修化も想定して、国語教育も更に益々重要となる。日本は江戸時代から読み書きそろばんが(国語と算数)十分にできて いたから、明治になって英語やその他の外国が入ってきても、外国語を理解し日本語に訳し、また日本語を外国語に訳して理解して西洋文明を短期間で取り入れ ることができ、人類史上まれにみる短期間での西洋化に成功した。豊かな国語力があって初めて外国語が理解でき外国語が日本語に訳せ、日本語が外国語に訳せ る、これが大原則。

小学生から英語教育が必修化されるということはその分国語教育がおろそかにされるとの誤解が巷にあるが(つまり多くの人 が今後は英語が重視され国語が軽視されると考えているようだが)、これは全くの間違いと思う。今後小学生から英語が重要になるということは、今後ますます 小学生からの国語力の強化が必要となるということ。