八王子の子供英会話のおすすめ教材ベスト5

英語勉強中
あなたは、どうやって子供に英会話をさせようとしていますか?

子供に英語を勉強してもらう方法は色々あります。英会話の塾に行かせる、英語の本を読み聞かせる、などなど。子供に英語を勉強してもらう方法の一つが、本、CD、DVDなどの教材を使った勉強です。

この記事では、主に0~12歳の子供の英会話におすすめな、5つの教材を紹介。子供にはどんな教材が良いのか、悩んでいるあなたにおすすめです!

八王子の子供の英会話におすすめの教材ベスト5

英語本棚

八王子の子供の英会話におすすめの教材を、ランキング形式でご紹介!

八王子の子供の英会話におすすめの教材ベスト1「パルキッズ」

パルキッズ(PALKIDS)は、株式会社児童英語研究所が提供している教材です。英検準2級取得を目標に作られており、実際に小学生で英検準2級に合格した人もいるそう。

パルキッズの基本的な流れは、毎日90分のCDを流して、5分程度のオンラインレッスンに取り組むだけ。+aで、DVDやプリントによる学習も組み込まれています。

「CDを90分も流す?」と驚かれるかたもいるかもしれません。しかしCDはあくまで「流す」だけ。集中して聞く必要はありません。例えば子供が遊んでたり、食事をしてる時などに、BGMとして流すだけでOKです。最初から子供を集中させる必要はないのが嬉しいところ。

CDによって、英語を「そのまま」聴く力がつきます。つまり、英語を一旦日本語に訳すことで理解するのではなく、英語を聞いた時点で、話の内容を理解する力がつくのです。

CDの主な内容は、実践的な会話表現で構成さてた物語。例えばスーパーで買い物をする親子の会話など、身近なシチュエーションが中心です。ストーリーの内容が実生活と似ているため、英会話に役立ちそうですね。加えてCDには、童謡など96曲の英語の歌が収録されています。CDの一部の内容は公式サイトでも聴けるので、一度子供に聞かせてみてはいかがでしょうか。

教材名 パルキッズ(PALKIDS)
対象年齢 0~8歳
価格 70,200円(税込)
セット内容 本、CD、DVD 等
公式サイト http://www.palkids.co.jp/

八王子の子供の英会話におすすめの教材ベスト2「音が出るペン付き アルクの2000語えいご絵じてん」

250万人以上に英語教材を提供している、アルクがつくった教材です。この絵じてんは、アルク・オンラインショップの「2014年上半期英語教材ランキング」において1位を獲得。タッチペンと可愛い絵柄で、子供が英語のボキャブラリーを正しく身につけられるように工夫がされています。

えいご絵じてんの使い方は簡単。ペンで絵や単語をタッチすることで、その単語の音声が聞けます。操作がシンプルなので、子供が自主的に遊びやすいです。絵をタッチすると音が出る、という仕組みなので、絵と単語を結びつけて覚えられます。

例えば「apple」という英語を「りんご」という日本語と結びつけて覚えられるだけでなく、あの真っ赤なリンゴの映像と結びつけて覚えられるのです。

もちろん、英語の発音は英語が母国語である人たちによるもの。繰り返し聴くまた話すことで、英会話に必須な正しい英語の発音を身につけられます。

商品名にもある「2000語」は、12歳までに覚えたい英単語の数。この2000語は公立小学校で学ぶ英単語をほぼ網羅しています。また「絵じてん」と商品名にあるように、この絵本は子供にとって初めての辞書を意識。巻末索引は辞書としても使えるようになっています。

単なる単語の音声に加えて、ペンにはクイズや歌、簡単な会話も収録されています。

教材名 音が出るペン付き アルクの2000語えいご絵じてん
対象年齢 4~12歳(目安)
価格 14,606円(会員の場合13,146円)
セット内容 本、音が出るペン、音声スクリプトなど
公式サイト https://ec.alc.co.jp/book/otoejiten/

八王子の子供の英会話におすすめの教材ベスト3「ディズニーの英語システム」

「ディズニーの英語システム」は、ディズニーのキャラクターが出てくる教材セットです。
様々な賞を受賞した実績のある教材です。

例えば2016年に、実際のママたちが、子育てに役立った、など思ったものに送られる「マザーズセレクション大賞」を。また3年連続でイード・アワードの「効果がある子供英語教材」No.1を受賞しています。

気になる教材の内容は、簡単にいえば大量のインプットとアウトプット。まずインプットとして、「聴く」、「見る」、「遊ぶ」、そして「読む」、それぞれの役割を担った教材が用意されています。そして豊富なアクティビティで、覚えた英語を自分のことばにできるのです。

この大量のインプットとアウトプットは、自然に英語が話せるようになる環境を作るために用意されています。ハーバード大卒のアン・R・ダウ氏が開発責任者として、この環境を作られる教材を開発しました。

英語を話せるようになる環境を教材だけで作られるため、親が子供に英語を教える必要はありません。

また教材の中身は、ディズニーキャラクターによる楽しい絵本やDVD。子供に人気のあるディズニーキャラクターがたくさん出てくるので、子供も楽しく積極的に学べそうですね。

そして「ディズニーの英語システム」最後のメリットは、リアルイベントがあること。「ディズニーの英語システム」を買えば、ユーザー・コミュニティ「ワールド・ファミリー・クラブ」の会員になれます。そしてそのクラブが開催するイベントの中で、ネイティブ・スピーカーや歳の近い友人と英語で話せるのです。

言語の最大の目的はコミュニケーション。そのコミュニケーションの手段として、英語を使える機会が用意されているのは嬉しいですね。

教材名 ディズニーの英語システム
対象年齢 マタニティ~4歳以上
価格 セット内容により異なる
セット内容 絵本、CD、DVDなど(あくまで一例)
公式サイト https://world-family.co.jp/

八王子の子供の英会話におすすめの教材ベスト4「トーキングリピーターDX」

「トーキングリピーターDX」は、映画教材を開発・製作しているいずみ書房が販売している商品です。「トーキングリピーターDX」は平たく言えばカードリーダー。専用のカードを読み込むことで、英単語の音声を聞けます。

しかし従来のカードリーダーと違うのは、操作が簡単な点。従来のカードリーダーはカードはカードをまっすぐ通す必要がありました。一方「トーキングリピーターDX」は溝にカードを差し込むだけで、クリアな音声を聞けます。操作が簡単なので、子供一人でも遊べそうです。

「トーキングリピーターDX」に対応しているカードは、「BBC オズモのリピートカード」。カードに収録されている英単語は、ケンブリッジ英検のヤングラーナーズ(YLE)に対応しています。ちなみにケンブリッジ英語検定とは名前の通り、ケンブリッジ大学が実施しているテストのこと。130ヶ国以上で年間250万人以上が受けています。

具体的なカードの内容は、アルファベット・色・数・形・反対語などです。カードを使うことで、簡単な会話から英語の実践能力をバランス良く身につけられます。

そしてトーキングリピーターDXは録音機能も搭載。そのため子供の発音とネイティブの発音の聴き比べもできます。

教材名 トーキングリピーターDX
対象年齢 0歳〜
価格 25,920円(税込)
セット内容 本体1台 、ACアダプター1個 、取り扱い説明書1冊
公式サイト http://www.tr-dx.jp/

八王子の子供の英会話におすすめの教材ベスト5「ワールドワイドキッズ」

ワールドワイドキッズは「チャレンジ」などで有名なベネッセによって開発・販売されています。そのため子供の好奇心を刺激し、積極的に英語に触れたい、と思わせられる要素が詰め込まれています。例えば絵本やキャラクターなど、楽しんで学べるアイテムが満載。

通信教育などで気になることの一つが教材の難易度。もし実際の子供の能力以上に難しかったら、子供が英語を嫌いになってしまいそうですよね。

これに関して、ワールドワイドキッズのカリキュラムは7段階。7段階もあるので、年齢やレベル、好みに応じた学習ができます。プログラムに使われている英単語はなんと6,000語以上。積極的に学べば、相当な英語力がつきます。

また絵本などに加えて、オンラインでの英会話レッスンや会員限定のAll Englishワークショップも開催されています。ワークショップでは友達や外国人と英語で話せるため、学びの成果を子供が実感できることでしょう。もちろん実際に人と英語で話すことで、実践的な英会話の力がつくことも予想されます。

教材名 ワールドワイドキッズ
対象年齢 0~6歳
価格 226,800円(税込・送料込み、0歳から小学校入学まで使った場合)
セット内容 DVDやブロック、音声がでる絵本など
公式サイト http://www.benesse.co.jp/wk/

まとめ

子供勉強中

八王子の子供の英会話におすすめな教材を5点ご紹介しました。幼少期から英語に触れさせることで、子供が英語に抵抗を持たなくなることが期待できます。

今回ご紹介した教材の中には無料体験ができるものもあるので、まずは無料体験で子供と教材の相性を確かめてみるのが良いでしょう。

効果的な教材を選んで、子供が英語を楽しめる環境をつくってくださいね。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です