子供の英会話はいつからが最適? | 八王子市英会話教室

子供向けの英会話学校や英会話の教材の宣伝が大々的になされている中、小さいお子さんがいる家庭では、いつから子供に英会話をさせるかが悩みどころですよね。
自分の子供に英語を流暢に話せるようになって欲しいという願いはあるけれど、お金がかかったり、母語の日本語の習得に悪い影響がないかを心配する声もあったりするようです。果たして子供の英会話はいつからが最適なのでしょうか?

1. お勧めパターン1:子供が言葉を話し始める時

子供を本当にバイリンガルにしたい場合には、子供が言葉を覚え始める頃に英会話をさせるのが効果的だと言えます。実際、言葉を話し始めた2~3歳の子供たちに英語を教えると、効果をすぐに見ることができます。

彼らにとって、話す言葉が母国語か英語かの区別はありません。言葉を覚える過程にいる彼らは、話しかけられる英語をどんどん習得していきます。英語だからといってシャットアウトすることはありません。

言葉を覚えはじめた2~3歳くらいの子供たちに英会話を教えるようになると、子供たちは母語と英語とミックスで話すこともあります。それでも、年齢とともに、何が母語で、何が英語か次第に判断できるようなります。

2. おすすめパターン2:クリティカル・エイジが終わる前

子供が話し始める頃に英会話を教える利点は、子供たちが効果的に英会話を学べることや、もし徹底して英語の環境を作ることができれば、子供をバイリンガルにさせることができる可能性があるということ。
もし日本語の習得への影響を心配したり、徹底した英語の環境を作ることができないのであれば、子供が言葉を話し始める2~3歳の時にこだわる必要性は特に ありません。しかし、発音を良くするためには、クリティカル・ピリオドという言語習得の限界だと言われる年齢の前にネイティブスピーカーの英語に触れるこ とができたらいいと言われています。

ちなみにこのクリティカル・ピリオドは人によって異なりますが、7歳くらいまでに子供に英会話を習わせることをおすすめ致します。

まとめ

も し徹底した英語の環境を整えることができ、子供にバイリンガルになって欲しいなら、2~3歳で英語を教えるのがいいでしょう。もちろん、この時に英会話を 教えると効果はてきめんです。そうでなければ、クリティカル・ピリオドの後、7歳くらい前までに英会話を教えても、お子さんの英語の発音は良くなります。 ですので、2~3歳の時程でなくても、効果的に英語を教えることができます。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です