子どもの学習習慣をつける4つの方法 – 八王子市子供英語教室

子供に学習習慣を身に付けさせるためには、子供が勉強を嫌いにならないようなちょっとした工夫が必要です。
学習習慣が身につくと、子供自身も楽に勉強にとり組むことができるようになり、学習の成果も上がりやすくなります。

これから子どもの学習習慣を付けるための4つの方法をお伝えします。

1.家族の日常生活のスケジュール管理

子供が、決まった時間に机に向かえるようにするために、親も家族の日常生活のスケジュールを規則的に管理する必要があります。
子供が学校から帰る時間、塾や習い事に行く時間、家族で夕食を摂る時間などを考慮して、子供が最も効率よく勉強できる時間帯を子供の学習時間に決めましょう。
子供が、勉強に集中し始めたタイミングで、食事やお風呂によばれることが無いようにするためです。

子供にとっては、家族で団欒する時間も非常に大事な時間ですので、勉強の為に家族の団欒時間が短くなったり、家族がバラバラに食事を摂ったりするようなことにならないよう、上手にスケジュールを管理することが必要です。
親が時間にルーズであれば、子供に学習習慣は身に付けさせることは難しいと考えてください。

2.学習する喜びを与えてあげること

勉強は、多くの子供にとって、楽しいものではありません。
親から、頭ごなしに勉強するように言われていている子供にとっては、苦痛でさえあります。
子供に学習習慣を身に付けさせるためには、勉強すると、こんなにいいことがあるのかと思わせることです。

まず、大事なのは褒めてあげることです。
子供は、親に褒められることが大好きですから、勉強を頑張ると褒めてもらえると思うと、一生懸命勉強することができるのです。
勉強しているのに成果が上がらなかった時にも、結果ではなく、勉強を頑張ったことをほめてあげることが大事です。
そのことが、次回の成果につながります。

3.勉強する意味を一緒に考えること

子供に学習習慣を身に付けさせるということは、子供が、自発的に勉強する習慣を身に付けるということです。
ということは、子供が自発的に勉強しなくてはいけない、又は勉強したい、勉強しようと思うことが大事なのです。
そして、子供が自発的に勉強しようと思う為には、勉強をする目的を持つことが大切です。

子供が勉強する目的を見つけられるよう、子供の将来の夢と子供が今、したいことについて、よく話を聞いてあげましょう。
その内容に沿って、目標や目的を見つけてあげ、それを達成するために、現時点で勉強しなくてはならない理由を説明してあげましょう。
子供は納得すると、努力するようになります。

4.子供が気分転換できる時間を組み入れておくこと

子供の学習時間を決めるのと同時に、子供が気分転換できる時間を組み入れておくことも大切です。
せっかく学習時間を決めても、あまりに詰まったスケジュールだと、子供が息切れしてしまい、長続きさせることが難しくなってしまうからです。

まとめ

子供に学習習慣を身に付けさせるためには、まず親が規則正しい家族の生活時間のスケジュールを管理すること、そして、子供に無理な学習時間や学習量を押し付けないことを基本に考えましょう。
そして、できるだけ、子供が自発的に勉強したくなるような心理状態を作ってあげるようにサポートしてあげましょう。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です