幼児が英語を楽しく続ける3つのコツ | 八王子市英会話教室

バイリンガルの様になって欲しいと、小さなお子様に英語を習わせる保護者が増えています。ベネッセ教育総合研究所によると2013年の私立幼稚園で 英語教育を取りいている割合は58%でした。数年前までは、この割合は50%もいきませんでした。保護者が幼児の英語教育にいかに力を入れるようになって いるのが分かります。

ここでは、幼児の英語教育を楽しく続けさせるための3つのコツをお伝えします。

1.お子様が言葉を話し始めた時がチャンス

0 歳から英会話を習わせる方もいますが、とても効果があるのは子供が言葉を話し始めた時。言葉を話し始めた時、幼児は聞こえたことを何度も繰り返します。言 葉を話し始めたお子様が、色の名前や数字、様々フレーズを繰り返し始めた時に、英語では~というだよと紹介し、繰り返してもらいましょう。

子 供が話し始めた時に、英語を教えていくのがなぜいいかと言うと、この時の子供は喜んで話すことを学んでいくからです。この子供が意欲的に言葉を学ぶ時期を うまく活用するのです。この時に英語を学ばせる際には、何も英会話学校に通せなくても大丈夫です。子供が母語で覚え始めた言葉を英語にして伝えるだけでも 効果があります。もし発音に自信がない場合は、一般に売られているCDやビデオの英語教材を使うこともできます。

2.英語を好きなってもらうこと

親がいくら子供にピアノを習って欲しい、水泳をやって欲しいと思っても、大抵の場合、子供が嫌がるのを無理にやらせてもいい結果が得られません。

ど うしても英語は子供に習得してもらいたいので、子供がに英語を好きになってもらうことがとても大事です。このためには、英会話に通わせようと思っても、子 供が嫌がった場合には決して無理じいさせないことがとても大事です。もし英会話学校に行くのを嫌がったら、その時には英会話学校に通わせないで、家で英語 の教材を流すようにしましょう。

また家で子供と英語の教材をやろうと思っても、子供が興味を示さなければ、この時も無理にやらせないこと。例えば、英語の単語を繰り返すエクササイズがあっても、子供が関心を示さなければ、子供には繰り返しをさせない方がいいでしょう。

英 語に嫌いな感情が生まれてしまうと、それが幼児の英語学習の大きな弊害になります。英語はとても楽しいものというイメージを子供に持たせることが大切なの です。英語は楽しいものと思っていると、必ず子供が英語に興味を示すタイミングがやって来ます。子供が英語に興味を示すのに多少時間がかかっても、心配し なくて大丈夫です。なぜなら子供が興味を示した時は、すごい勢いで習得していくからです。

3.たくさん英語のインプットをしていく

英語の学習は無理強いをさせないことがとても大切ですが、かと言って何もしないのがいい訳ではありません。幼児は言葉を学ぶ能力があるので、できるだけ子供に英語をインプットするのが効果的です。

イ ンプットの方法は、主に英語の教材のCDやビデオを流すのがいいでしょう。また子供が行きたがれば、英会話学校に通わすこともできます。今ではインター ネットでもたくさん英語の教材になるものが手に入ります。インプットする英語は、子供たちが楽しく、聞いてみたくなるようなものが理想です。子供がディズ ニーが好きなら、ディズニーの英語教材がお勧め。子供がアンパンマンが好きなら、アンパンマンの英語教材がないか探してみて下さい。好きなキャラクターが 紹介する英語なら、子供たちはとても楽しく英語に触れることができます。

そして、子供が興味を示した英語教材やビデオなどがあれば、それを 何度も繰り返してみて下さい。子供は大人以上に、好きなものは何度も何度も聞きたがります。また好きなものの吸収は早いです。たとえ流している英語に子供 が興味を持たなくても、英語のインプットをたくさんすることに意味があります。流れている英語を子供は無意識のうちに習得する能力を持っているのです。

まとめ

幼 児が英語を楽しく続けるコツは、言葉を話し始めた時に英語も習得させること。この時、子供たちは言葉を自然に、意欲的に学ぶからです。そして決して英語の 学習を無理強いさせないことが大事です。また子供が興味を示そうと示さなくても、子供が楽しくなるような英語教材を使って、英語のインプットは続けていき ましょう。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です