八王子の英会話教室のビジネス・大人英会話おすすめ本ランキングベスト10(1)

八王子-英会話-ビジネス
ビジネスパーソンに今や必須ともいえる英会話。今すぐ役立つ実践的なビジネス英会話教本おススメ10冊をご紹介します!

即戦力がつくビジネス英会話 改訂増補版: 基本から応用まで

筆者:日向清人 出版元:ディーエイチシー 定価:2100円(税抜)

ロングセラー「即戦力がつくビジネス英会話」の改訂版。自己紹介や電話など社内の日常会話を紹介する基礎編から始まり、応用編では会議や交渉、プレゼンテーションを行う際に役立つ表現を収録。場面ごとの英会話文、日本語訳や単語の説明が見開き一一面にわかりやすく記載されています。「はじめまして」からはじまり役職名など社内外で使える言い回しが満載の1冊です。「IT&モノづくり関係の用語用例集」も収録されているので技術系のビジネスパーソンにもおススメ。

英会話ペラペラビジネス100 - ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術

筆者:スティーブ ソレイシィ、 ロビン ソレイシィ 出版元:アルク 定価:2000円(税抜)

NHK教育テレビの人気語学講座で講師を務めた著者が「実用性」に焦点を置きまとめあげた一冊。「ビジネス英語」というジャンルにとらわれず、「相手と円滑にコミュニケーションをとる」ことを第一目標にしている本書では「おいそがしいところ申し訳ありません」や「ぜひよろしくお願いします」など、言えそうで言えない基本的なあいさつから「これはダメ!」という失敗例まで丁寧に紹介。知性と教養ある大人として世界に羽ばたくための重要フレーズ満載です。

ITエンジニアが覚えておきたい英語動詞30

筆者:板垣 政樹 出版元:秀和システム 定価:1800円(税抜)

ITの現場では中国やインドなど非ネイティブのエンジニアと迅速に意思疎通をはかる必要があります。そこで本書では米国Microsoft社でシニアプロジェクトマネージャーを務める著者が「do、have、make」などの基本動詞を使用した現場に頻出の表現を紹介しています。「システム障害のデータを出してみました」「データを圧縮すればファイルサイズが小さくなります」など、オフィスにいても馴染みのある表現も数多く、現代のビジネスパーソンは必読です。

なぜあの人は、中学英語でもネイティブと仕事ができるのか?

筆者:マット・カーター, 伊東 明 出版元:SBクリエイティブ 定価:760円(税別)

「単語は知っているのにうまく話せない」という方は必見!英語教育のプロと心理学のプロがタッグを組み、今知っている英語を使いこなし会話力をアップさせる方法を伝授!相手が何を言っているかわからない時の対処法や「間違えた時ほど仲良くなるチャンス」など今すぐ実践したくなる「会話のコツ」が満載!「ネイティブを目指さない」「TOEICの点数にとらわれない」など一見逆説的な視点から「流暢」よりも「好感をもたれる」英語の使い方をご紹介します。

英語のプレゼン 直前5日間の技術 (しごとのミニマム英語)

筆者:愛場 吉子 出版元:アルク 定価:1600円(税抜)

初めて英語でプレゼンを行うことになったら「何から手をつけたらいいの!?」とパニックになってしまう人も多いのでは?本書ではプレゼン当日から逆算して「本番5日前」から始められる原稿とスライドの定番パターンを紹介。どんなプレゼンにも応用できるサンプルが満載。場面別のフレーズ集や本番に向けた一問一答も収録、またカンニングペーパーのフォーマットやリハーサル時のチェック項目一覧は無料ダウンロードできます。プレゼンに向けて「今、何をすべきか」を明記してあるので心強い一冊です!

英語の会議 直前5時間の技術 (しごとのミニマム英語)

筆者:柴山 かつの 出版元:アルク 定価:1600円(税抜)

前出と同様アルクの「直前」シリーズ。英語の会議に出席するものの準備に割く時間が足りない多忙なビジネスパーソンの救世主となる本書。「会議前」「会議中」「賛成反対の意思表示」など場面ごとに必要な発言内容を学び、単なるフレーズ練習にとどまらず全体の流れを知ることができます。また「英語が下手であることを一言ことわっておきたい」「意見が思い浮かばない時はなんて言う?」など相手に誤解されずに伝えたい表現を厳選して収録。巻末にはフレーズ集もついているのでデスクに1冊あれば安心です。

英会話1000本ノック ビジネス編

筆者:スティーブ・ソレイシィ 出版元:コスモピア株式会社 定価:2000円(税別

ベストセラー1000本ノックシリーズのビジネス編。ビジネスではレスポンスの良さが必須。答えを考え、さらに頭の中で英訳していては時間がかかり相手のストレスになりかねません。CDでは次から次へと浴びせられる質問に瞬時に答えていく臨機応変な対応力を特訓。テキストではワンポイントレッスンをまじえながら解説してくれます。「何も言えないより、間違っていても何か言うほうが良い」というコンセプトの元、なかなかスクールに通えないビジネスパーソンの実践練習に最適な一冊

プレゼンテーションの英語表現

筆者:デイビッド セイン, マーク スプーン 出版元:日経新書 定価:830円(税別)

数々の著書がベストセラーとなる著者がプレゼンの挨拶から最後の締めくくりまで、日本人に使いやすく実際に使われている表現や例文を紹介。流れに沿って詳しい目次もついているのでハンドブックとしても活用できます。「提案する」「理由を述べる」「本題に戻る」「具体例をあげる」など当日の流れに沿って細かい内容を「抑えた表現」「強い表現」とさらに実践的に説明。2004年発売以降、ビジネスパーソンを支え続けた、プレゼン力と英語力の両方を磨いてくれる一冊です。

英会話フレーズ大特訓 ビジネス編

筆者:Michy里中, 植田 一三 出版元:Jリサーチ出版 定価:1400円(税別)

人気の「大特訓」シリーズのビジネス編。ビジネスパーソンに必須の表現を「日本語→英語」の特訓を繰り返して身に付けます。ビジネス通訳の専門家がビジネスシーンを85に分類しそれぞれに合った計770のフレーズを紹介。「発信力」「即答力」をテーマにしたCDに合わせてフレーズを繰り返し練習し、テキストを確認することでしっかりと身に付けられます。TOEICに頻出の内容には印がついているのでTOEIC対策としても有効。日常会話からオフィス会話、そして商談や接待とステップアップしていきます。

場面別 会社で使う英会話―きちんとしたビジネス英会話を学びたい人向けの本

筆者:味園 真紀, ペラルタ 葉子, ディーオーエムフロンティア

出版元:ベレ出版 定価:2100円(税別)

2002年発売のビジネス英会話教材の王道と言える本書。他に類を見ない程ビジネスシーンを細分化しその場面に合った対話と表現を学ぶ「これさえあれば大丈夫」な一冊。使用している英語はシンプルで中学英語さえわかっていれば十分理解できるものです。自己紹介から「クレームを入れて返品する」といったものまで想定できるほとんどの場面に対応しているので英語だけでなく通常のビジネス入門書としても最適です。

いかがでしたか?スマホの普及により隙間時間に英会話アプリで学ぶ方も多いですが、やはり体系的に英語をしっかり身に付けたり考え方を会得するには教本を読むのが効果的です。お気に入りの一冊を見つけて、国際的なビジネス社会でさらに輝いてください!

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です