毎日英語学校に通ったときに起こる変化

多くの人が「英語を身に付けたい」と思っていてもなかなかかなわないものですね。
確実に上達するためにはプロの協力を得ること、つまり英語学校へ通うことが近道だと言えます。

さらに短期間で高い目標を達成するためには、毎日通うことが効果的です。
ここでは毎日英語学校に通うことによる変化について少し考えてみたいと思います。

継続は力なり

 英語に限らず学習全般に言えることですが、毎日少しずつでも続けて勉強をすることは大切です
「頑張って英語学校に通っているけれど、効果が感じられない」とあきらめてしまう人もいますが、そう言う人でも学習の効果は確実に身についているものです。

ただし効果が表れるスピードは、人によって大きく違うと言うことも覚えておかなくてはなりません。
同じ内容を複数の人が学んでも、人それぞれ学習曲線と忘却曲線を持っていて、身につく程度と、その内次の勉強までに失われてしまうものの程度が違うのです。

「一緒に通っている Aさんはとても上達しているのに、自分はなかなか上達できない。 だから自分は英語に向いていないのだ」と結論を急いでしまうことはないです。毎日根気よく勉強していれば、その効果は確実に実っています。

またよくある話として、「毎日英語を少しずつ勉強していたら、ある日突然に英語が理解できたり聞き取れたりするようになった。」ということを聞きます。
これは実際にあることですし、その感じ方が人によってさまざまであることも事実です。

自分では気づいていない変化

 「毎日英語学校に通っているけれど、自分の上達を実感できない」と悩んでいる人もいるかも知れません。
先述したように習得のスピードは人によりさまざま、焦ることはありません。

もしそんな不安を抱えている人がいたら、思い切って担当の講師に聞いてみるとよいかもしれません。
ほとんどの英語学校ではそれぞれのノウハウに基づいた独自の実力評価尺度を持っていますので、あなたの入学時点から現在までどのように実力が身についてきたかをデータで示してくれるはずです。

そこが英語学校に通う際のメリットとも言えますので、活用しない手はないですよね。
おそらく自分でも気づいていない成長があったことを説明され、ご自身でもびっくりするのかも知れません。

英語に限らず毎日勉強を繰り返していると、一日一日の進度はさほど実感できないものです。
例えば1週間に一度の学習では、前回学んだ内容を学習の直後のレベルまで取り戻すのにそれなりの労力が要ります。

この時の、復習→ 新しい学習による知識レベルのギャップが比較的大きくなりますが、毎日繰り返していると復習によって取り返さなくてはならない知識は少なくて済みます。そのため自分では大きく進んでいるように感じなくとも、意外なほど学習効果が上がっているのではないでしょうか。

まとめ

 目標が高いほど1日当たりの時間は短くとも、毎日英語学習を続けることは大変なことです。
そして、その努力に見合う効果があることが多いものです。毎日英語学校に通うことは確実に・早く実力を付けたい方にはお薦めできる学習法といえます。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です