大人が英会話を始めるときに注意すべきポイント | 八王子市英会話教室

「海外の人たちとコミュニケーションできるようになりたい」、「ビジネス英会話を使いこなしたい」と英会話に対する希望はそれぞれ多少なりともあるのではないでしょうか。
いざ始めるとなるとどのように進めたら良いのか、本当に身につくだろうかなどの不安も多く出てきたりします。 今回はこれから英会話を始めたいと思っている方に、その注意点を書きたいと思います。

英会話の目的を考える

一口に英会話と言っても、「トラベル英会話」、「ビジネス英会話」、「英会話講師になるため」など様々です。
また学習の形態も、プライベートレッスン、集合教室型、オンライン学習型や 英会話サークルなどがあります。

まずは自分の求める「英会話」とはどのようなものなのかを考えてみると良いです。
例えばトラベル英会話を身に付けたいとしても、グループツアーに参加して現地の人たちとのコミュニケーションを楽しみたいのか自分で予約や移動をする単独ツアーなのかでも、身に付けるべき内容は違ってきます。

ビジネス英会話や講師を目指す場合などについては、英会話以外の専門分野の勉強も必要になってくるでしょう。
まずは一般的な会話から始めて、行く行くはビジネスで通用するレベルを目指したいということもあると思います。
そのような場合でも「英会話を始めたい」と思ったその動機をハッキリと押さえておくことは大切です。

そして、その最終ゴールに向かって「いつまでに」、「どのレベル」を目指すのかの計画を描くことが重要です。
「英会話をしてみたい」と漫然と希望している状態では能力は上がって行かないものです。
そのうちに他にもやってみたいことが思い浮かんで、そちらに気を取られてしまい英会話のことは忘れてしまうかもしれません。

大切なのは「やりたい」と思った気持ちを具体的な計画に表わしてみることです。
できれば半年以内の計画表を作ってみましょう。
そうすることで時間軸と目標がハッキリとして、自分自身のモチベーションにもなってきます。
せっかくの決意がムダに終わらないように、確実に行動に移すための計画を立てましょう。

いきなり大風呂敷を広げない

これから英会話を始めるときにもう一つ注意しておきたいことがあります。
よくある失敗例として、強い決意と勢いに任せて英会話教室などで長期契約を結んだものの、数回通っただけで行かなくなってしまうケースがあります。

強い決心をして始めるのですからその決意が揺らがないように、「契約」で自分自身を縛るのもひとつの方法かもしれません。しかし計画はまた、変更がつきものです。

そのためには身軽に始められる手段を選ぶ方法もあります。
時間的な制約がハッキリしていて、「いついつまでに TOEICで700点を取る」などの必要性がある場合は否応なしに自分に縛りをかけるのも良い方法ですが、極力お金をかけずに進められる計画も立てることもできます。

英会話教室の体験学習や、web上で無料の英会話実力診断を提供している企業もあります。
そのような機会を有効に利用して、「目指しているレベル」と「今の実力」のギャップを知ることから始めてみるのも良いかもしれません。
重要なことは「○月×日までに …英会話教室の体験授業を受ける」などと明確な計画を立て、その通りに実行してゆくことです。

まとめ

いかがでしたか。 難しく考えるよりもまずは行動に移してみると、意外なほどスムーズに進むことが多いものです。
この記事を見て「よし、英会話を始めてみよう」と思うきっかけになれたとしたらうれしいです。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です