個人英会話と集団英会話の違い

これから英会話を始めたいと思っている人は、どんな学習法が良いか悩むことが多いと思います。 そこで、個人指導で英会話を学習する場合と集団の場合それぞれについて、メリットとデメリットを上げたいと思います。

個人英会話のメリット/デメリット

英会話教室などで個人レッスンを受ける場合のメリットとしてまず挙げられることのひとつは、レッスンの時間帯のほぼ全ての間講師を独り占めできる点です。

始めたばかりの初心者でも上級者でも、英会話を勉強したいと思うからにはそれぞれ身に付けたいと考えている目標があるはずです。 個人指導であれば、先生はあなたの目標だけに集中して指導を進めてくれます。
ちょっとした疑問点がある場合やもう少し掘り下げて知識を得たいときなどにも他の受講者に気兼ねすることなく思う存分質問ができるので、その分実力や自信がつきやすいと言えます。

また受講者は自分一人ですから、他の参加者がいる場合に何となく緊張してしまうことがある恥ずかしがり屋さんにも、気後れすることなく参加できるメリットがあります。
さらにレッスン時間中は講師と1対1ですから、集団で受講する場合に比べて自分が話す時間が格段に長くなります。

一方、個人レッスンのデメリットとしてはまず、レッスン料金が集団形式に比べて高いことが挙げられます。
また、他の参加者との会話や競争がないため自分の実力や会話の特徴を他の人と比べて参考にすることができません。
英語でいろいろな人とコミュニケーションをとれるという点では、集団式に比べてデメリットがあると言えます。

集団英会話のメリット/デメリット

集団レッスンで英会話を学ぶ時のメリットとして、英会話仲間を作れる点があります。
同じ目的のために学んでいる仲間とは話が合いやすいものだし、レッスン以外でも良い相談相手になれる可能性もありますよね。
また、他の受講者と自分を比較しながら学習を進められるので、自分の進度状況や会話の特徴などをつかみやすいメリットもあります。レッスン料金の面では、個人レッスンに比べて低く抑えることができます。

集団式のデメリットと して考えられることは、レッスン中に自分が話す時間が個人レッスンに比べて短いため、個人レッスンに比べると進度が遅い点です。またレッスン中に浮かんで きたちょっとした疑問なども、流れを止めることができずに聞き逃してしまい結局解決できずに疑問点自体を忘れてしまうなんて言うことも起こり得ます。

集団レッスンではある程度実力の近い人同士をグループにしますが、それでも受講者間の実力に差がある場合にはしゃべる頻度に差が出てしまうことも考えられます。

まとめ

個人レッスンと集団レッスンではそれぞれ上述のような違いがあります。
概していうと少々お金がかかっても早く実力を身に付けたい場合には個人レッスンを、集団の中でも気後れすることなくコミュニケーションを取れるタイプの人には週だdんレッスンがあっているのかも知れません。

例 えば始めの内は個人レッスンである程度のところまで進み、ある程度の実力がついて来たら集団レッスンに切り替えるなどの使い分けをするのも良い方法です。 いずれの場合にも自分に合った形態で、心地よく受講できることが重要です。 体験レッスンなどを活用し、どちらが向いているのかを確認してみるのも良いかも知れませんね。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です